不安が多い一年目のフリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアは、自分のライフスタイルに合わせて働く事ができる素晴らしい働き方です。
しかし、自由を手にする代わりに不安材料も多くなります。
特に「安定した収入源の確保」はフリーランスの永遠のテーマだと言えるでしょう。

独立一年目のエンジニアは、そのプレッシャーに耐える毎日が続きます。
企業に勤めていた時は毎月決まった日に給与が支払われ生活を成り立たせる事ができました。
住宅や車の購入で融資を受ける時も金融機関とスムーズにやりとりする事ができたでしょう。
しかし、独立して「個人事業主」になると、それらの保証は無くなってしまいます。
日々の生活費の確保だけでなく、銀行からの融資も審査が厳しくなり金銭的なやりくりは独立前の比ではありません。
事務所や設備を導入すれば、その分のコストもかかります。
病気や怪我で仕事ができなくなった時の蓄えもある程度は必要です。
その不安に負けてしまい勤め人に戻るエンジニアも実際にいます。

それでも、自分の目標や高い技術力を身につけ、将来に役立てるために独立を志す事は素晴らしい事です。
特化した技術があれば単価の高い仕事も対応する事ができますので、生活の質はぐっと上がるでしょう。
一年目は夢と現実とのギャップから来る不安負けてしまいがちですが、自分で自分を律する事を忘れず強い意志を持てば、二年目、三年目には信用と実績が生まれてきます。
個人事業主も三年黒字を出せば銀行の融資もスムーズになり、資金繰りも安定してきます。
信用と実績が伴えば安定した仕事の確保にも繋がり、より自分らしいライフスタイルを築く事ができるでしょう。
勝負の一年目をどう乗り切るか【http://freelance1nenme.com/】コチラの情報を参考にしてみてくだい。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト