エンジニアの仕事の不安とは

エンジニアの仕事内容は多岐に渡り、未経験、学歴という面も不問にして募集をしている企業もあるため窓口が広い職業であるといえるでしょう。
一方で、エンジニアはIT業界全体の人手不足に関連する不安面もあるのです。
人手不足であるゆえに、仕事を教えることが出来る人も会社の中にほとんどいないこともあるので、入社一年目にも関わらず満足に研修を受けられずに業務に臨まなければならない可能性もあります。

また、働く人自体が少ないため一人当たりの労働時間や勤務日数が増えてしまい疲れきってしまうのではないかという不安もあります。
一人が激務を理由に退職してしまうと、残りの人たちに辞めた人の仕事が回ってしまうことになり、さらに勤務環境が悪化してしまうことがあります。
この悪循環に陥らないように、就職すべき企業のリサーチを徹底して行うことが求められるでしょう。

また、エンジニアにはフリーランスの形態で仕事をしている人もいますが、これに関しても会社勤めとは違った不安面があります。
フリーランスの場合は、自分で勤務日数や時間を設定して仕事を行うことになるので、会社勤めのような激務に悩まされることは少ないです。
しかし、自分で仕事を受注していく活動を行わなければならないため、仕事上の人脈をつくるコミュニケーション能力や、プロジェクト案件を勝ち取るためのプレゼンテーション能力がないと、仕事を獲得できず収入を得られない名ばかりの職業になってしまうでしょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト