フリーランスエンジニアの一年目とは

フリーランスのエンジニアには、多くの魅力があります。
時間を自由に使えることや自分の得意とする仕事ができること、そして何よりも報酬の単価が高いことが挙げられます。
もちろんそれは、仕事が軌道に乗ってからの話で、特に最初の一年目に何を行うかが重要です。
会社というバックボーンが無くなれば、たとえどれほどの技術力を持っていても信用を得ることは難しいものです。
どれほどの品質が確保されるのか、きちんと納期は守られるのかがクライアントは不安視します。

そのためにまず行うことは、仕事をもらうための営業活動と実績作りです。
とにかく仕事を獲得するためには単価を低くする必要がありますし、また実績を積み上げるためには数をこなすことも必要です。
下手をすれば単なる下請けとなる恐れもあるので、この一年目で自分は何を目指すのかを定めることも必要です。
このような苦労は一時的には誰もが経験するものですが、実績を重ねるごとに信頼を得ることになりますし、新たな仕事の獲得にもつながります。

またどのような仕事が得られやすいのかを把握することによって、必要な技術を習得することにつながります。
この繰り返しによって高いスキル磨きができることで、ニッチで高単価な仕事も得られるのがフリーランスの魅力でもあります。
また業務がある程度固定される会社員とは異なり、自分のスキル磨きを自分のペースで行えることも、満足度の高い仕事を引き受けることにつながるのです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト